News Archive‎ > ‎2011‎ > ‎

東京メトロポリタンTMC 第19回例会レポート

posted Aug 4, 2011, 11:07 PM by Tm Metropolitanian   [ updated Jan 18, 2015, 6:36 PM ]
(The report is in Japanese because the meeting was mainly in Japanese. For a report of an English-focused meeting, please refer to the past meeting reports. )4
 
本日は麹町区民館で第19回目の例会を開催いたしました。

TMOMという司会進行役はS木さん。
Sさんは他のバイリンガルトーストマスターに所属されていますが、
東京メトロポリタントーストマスターにも定期的に参加されています。

トーストマスターでは所属しているクラブを超え、
別のクラブにも自由に参加できる所がとてもおもしろいですね。

本日の例会の主な流れは、「スピーチ」、「テーブルトピック」、
「スピーチに対する論評」でした。

まず、「スピーチ」については、東京メトロポリタンの新規メンバーの2名を含む、計4つのスピーチが行われました。
新規メンバーのMさんは、「私とスピーチ」というタイトルで見事にファーストスピーチを完了されました。
普段からお仕事で多くの方の前でお話しされているとの事で、文章の構成面はかなり完成度の高いスピーチでした。
今後も、トーストマスターでの経験を生かして、よりスピーチ力に磨きをかけて頂ければと思います。

又、もう一名の新規メンバーIさんによる「比べる事」というスピーチもとても興味深い内容でした。
学校や職場で比べ続けられる事により気付いたアイデンティティの必要性や、
逆に相対的に他者と比較されることにより自分の欠点への気づきや、それにより目標の設定につがなるというとても前向きなスピーチでした。

次に、「テーブルトピック」についても熱い討論が繰り広げられました。
テーブルトピックとは質問者が出す質問に対して、即興で、なるべく制限時間いっぱいに、構成された解答をこたえるという物です。

最後に、「論評」ではそれぞれのスピーチに対して、スピーカの今後のスピーチ力の向上に向けたフィードバックをする場です。
この論評では特別な論評の講師の方をお招きするのではなく、メンバ内で役割を回していきます。
こうすることによって、スピーカにアドバイスをするだけでなく、客観的にスピーチを見直す機会を得て、今後の自らのスピーチの参考にする事もできます。

今回の論評では東京メトロポリタン会長のFさんによるMさんへの論評が素晴らしかったです。
まず、Mさんのスピーチの良かった点を述べて、次に、こうしたらより良くなるという改善点を述べて、最後に良かった点や、
今後のスピーチへの期待を伝えていました。この論評により、効果的にスピーカのやる気を引き出す事ができていたんじゃないかなと思います。

 

Comments