News Archive‎ > ‎2011‎ > ‎

Detailed report for the meeting on January 8

posted Jan 22, 2011, 10:28 PM by Tm Metropolitanian   [ updated Apr 12, 2015, 7:30 PM ]
(The report is in Japanese because the meeting was mainly in Japanese. For a report of an English-focused meeting, please refer to the past meeting reports. )

1月8日(土)、第10回東京メトロポリタントーストマスターズクラブ例会が、神保町区民館にて開催されました。

こ の日はスピーチの論評に関する、特別ワークショップ例会となりました。講師は、横浜フロンティアトーストマスターズクラブの前会長のO野さんがはるばる筑 波よりいらしてくださりました。東京メトロポリタンクラブの会員はもちろんのこと、事前の声かけの成果もあり、横浜フロンティアトーストマスターズクラブ やスポンサークラブ(親クラブ)の表参道バイリンガルトーストマスターズクラブ、千代田トーストマスターズクラブから多くの会員をお招きし、またゲストの 方もたくさんの参加がありました。準備にあたっては、O野さんおよび「今朝のトーストマスター」S木さんが、最後の最後まで様々な調整を行ってくださいま した。


O 野さんは何と60ページ以上のスライドを用意して、論評とアサーティブ・コミュニケーションの観点から、大変熱のこもったレクチャーをされました。ワーク ショップではO泉さんとT村さん、2人の会員がテストスピーチ(論評用のスピーチ)を行い、レクチャーで学んだことを生かした論評が行われました。また、 途中、質問の問いかけなどを通して当日役割のない参加者にも発言の場がありました。

後半の部は英語で、S根さんが2回目のスピーチに挑戦。ワークショップの内容を生かして、論評者は当日の立候補制ということにしていたところ、会員のM林さんが立候補! 英語で見事な論評をされました。




例会後のランチの場では、O泉さんが会場係に立候補され、今後のクラブの発展が期待できる展開で今回の幕を閉じました。